ホーム » 海外留学助成 » 生活習慣病領域 »

生活習慣病領域について

海外留学助成 Banyu Fellowship Program
生活習慣病領域(循環器分野/糖尿病分野)

近年、我が国において生活様式の欧米化と人口の高齢化が進む中で、生活習慣病の増加はとても深刻な社会的問題です。重篤な疾病の重要な危険因子である高血圧症、糖尿病等の生活習慣病への対策は一層重要になっています。このような状況を背景に、多くの医療機関において生活習慣病の成因、治療あるいは予防の研究が実施されておりますが、これらの研究が継続され発展することは極めて重要なことと考えられます。
このプログラムは、外国の大学あるいは研究施設に留学し、生活習慣病領域の研究を行う日本在住の研究者に対し奨学助成を行うものです。優れた研究者が外国の研究機関で研究成果を挙げ、人々の健康の保持増進に大いに貢献することを期待しています。

2014年度より、対象領域を「循環器領域」から「生活習慣病領域」に拡大致しました。

ページの先頭へ戻る